スーツのブラッシングについて

スーツのお手入れ方法として、こまめに行いたいブラッシング。
着用前と着用後には必ず行いたいですね。

スーツを痛めず、長持ちさせるブラッシングのコツを紹介します。

 

どうしてブラッシングするの

スーツに限らず、洋服を一日着用すると空気中のチリやほこりが付着するものです。
洋服の場合は、毎日洗濯することもできますが、スーツはそういうわけにはいきませんよね。

そこで正しいブラッシング方法を覚えて、少しでも大事なスーツを長持ちさせる為にお手入れしていきましょう。

 

ブラッシングの方法

縫い目や織り目に沿って優しくゆっくりブラシを掛けます。
衿、衿の内側、肩、背中、袖口と、上から下へ丁寧にブラッシングしていきます。

 

ブラシの種類

わらをつかったブラシ
まずこれで大きなほこりなどを払いましょう。
動物の毛
豚や馬の毛を使ったブラシです。
スーツのブラッシングに適しています。

また、たぬき等の毛を使った小さいコームは、細かい所のほこり取りに最適です。
仕上げや装飾部分に使うといいです。

 

ブラシの特性

毛が固い
植えてある毛の長さが短いと、スーツにかかる力が強くなります。
毛の固いブラシは、汚れを除去するのにむいています。
毛が柔らかい
毛足の長いブラシは、スーツについたほこりを取るのに向いています。
起毛している生地であれば、毛足の長いタイプを選びましょう。
PAGE TOP